トップページ > メンズスーツの基礎知識 > 意外と忘れさられがちなアイテム、スラックス

意外と忘れさられがちなアイテム、スラックス

トップスにこだわる人は多いかもしれませんが、意外とボトムスにこだわっている人って少ないと思います。やはり多くの人の目線はトップスにいきがちではありますが、スーツの着こなしを全体のバランスとして捉えた際、ボトムスのバランスやサイズ感覚が重要なポイントとなってきます。

 

中でもスラックスを選ぶ際に気になるのが、プリーツ(タック)ではないでしょうか。知っている人も多いとは思いますが、プリーツとはスラックスのウエスト部分にあるヒダのこと。ビジネススーツのスラックスは2プリーツのものが多く、細身のスーツの場合はプリーツがない(ノープリーツ)ものもあります。

 

また、ヒダの向きによって、アウトプリーツ、インプリーツにわけられますので注意が必要です。アウトプリーツとは、スラックスの脇に向かってヒダが開いているタイプで、市販のスラックスはアウトプリーツのものが多いです。

 

インプリーツとは、スラックスの中央に向かってヒダが開いているタイプで、ウエスト周りが大きい人もすっきりして見えるというメリットがあります。

 

この中で、どのプリーツのスラックスが良いかというのは、個々人の好みだったり、トップスやシューズとの兼ね合いがあるので、何とも言えません。ただ、トップスや体型との相性がありますので、吟味してから選びましょう。