トップページ > メンズスーツの基礎知識 > スーツのお手入れ

スーツのお手入れ

実は、スーツは購入してからが大事。いかに高級なスーツを手に入れようが、手入れをしなければただのスーツ。むしろ高値のスーツではないにせよ、よく手入れされたスーツのほうが、見た目が良かったりしますよね。ここではそんなスーツの手入れの仕方を紹介したいと思います。

 

まず一番大事なのは、脱いだらズボン、背広ともにハンガーにかけること。当たり前といえば当たり前ですが、しわの寄ったスーツほど見苦しいものはありません。

 

まず、ズボンで大切なのは折り目。これがよれてくると格好が悪いものです。アイロン、もしくはズボンプレッサーでいつでもピンとした折り目にしておきましょう。

 

そして背広。別なコンテンツでも述べたのですが、ハンガーにかけたらしわになった部分に、スプレータイプの消臭剤や水を吹きかけておくだけで、しわも臭いも取れるのでオススメです。特に忙しいときにオススメのお手入れですね。

 

ブラッシングも大切です。スーツの生地の隙間に付いたホコリやごみを、柔らかいブラシでやさしくブラッシングして払い落とします。そして、ハンガーにかけますが、クリーニング屋の安い針金製のハンガーは極力避けましょう。普通高級なスーツであれば、購入した時に良いハンガーがついてきますから、これらを利用してください。

 

また、スーツは休む暇がありませんから痛んでいきます。できるだけスーツを長持ちさせるためには、間を置いて着ることが大切です。