トップページ > プロが教える3つのルール > 自分にピッタリのスーツが何か理解する

自分にピッタリのスーツが何か理解する

「自分にピッタリ似合っていて、ほどよくトレンドを押さえて、しかも仕事がデキるビジネスマンのように見えるスーツがほしい!」というふうにスーツにかける要望は限りないものの、その中でも意外とおざなりになっているのが着こなしのサイジング

 

どうも日本人はスーツのサイズ選びに無頓着な傾向があるようです。高級スーツを着て颯爽と歩いているにも関わらず、サイジングがバラバラなビジネスマンをよく街中で見かけますが、ちょっと残念な想いになります。

 

 

本来、スーツは自分の体に合わせて仕立てるもの。一人ひとりの体の体型を熟知した職人が丁寧に採寸を測り、パターンを起こして、さらに細かい行程を経たスーツこそが、自分の体にぴったりと馴染み、なおかつスタイルよく見せられるのです。

 

しかし、そのようなスーツはいわば工芸品に近い存在。値段も高額ですし、日々のビジネスに使用するとなると少しもったいない気がします。そこでオススメなのがスーツ通販サイトハイクオリティなアイテムが驚きの値段で販売されています

 

ただ、ネットでスーツ等を購入する場合、サイズが合うかが心配という人も多いのではないでしょうか。そこでまず、自分の体型にあうサイズを知る2つの方法を紹介したいと思います。

 

 

まずはじめに最も簡単な方法。それは自分が普段から着用している洋服、特にお気に入りの服のサイズから自分の体型にあうサイズを知ることです。ほとんどの商品でタグやポケット、内側などにあるサイズの表記から読み取ることができます。それを元にスーツ選びをすることが、最も簡単で最速のサイズ選びの一つです。

 

次にオススメするサイズ測定法が、実際に自分の身体サイズをメジャーではかるというもの。自分の体型にあうサイズがわからない、最近体型が変わったという場合に適しています。特に、スーツ・ジャケットは体型、身長、ウエストからサイズが決まります。サイズ選びに不安がある人は実際にはかってみましょう。

 

またシャツに関しては、ゆき丈とえり回りからサイズを選びましょう。ゆき丈とは「首後ろ側の頚椎の位置から肩先を通り自然に下げた腕に沿ってたどり着く手首までの位置」のこと。この長さとえり周りさえ押さえていればサイズ選びは問題ないでしょう。

 

ただ、ここで問題になるのがスーツそのもののサイズのこと。どうしても規格サイズ通りに自分の体型が当てはまる、ということは少ないと思います。例えば、「AとABの中間」や「MとLの間」という際どい選択を迫られることも多いでしょう。

 

その際は「できるだけリスクの少ない方=想定しているサイズより一段階ラージ・サイズ」を選ぶよう勧めています。小さいサイズを選んでしまって、一年後に着用できなくなってしまったらどうしようもないですよね。逆に大きめのサイズを選んでおけば、補正によって自分に合うスーツにすることができます。つまり既製スーツの場合、適度にゆとりがあることが「体に合っている」ということであると言えるでしょう。

 

スーツは肩で着る」という格言があるほど、スーツと自分の体型は切っても切り離せない存在。スーツを購入するまえにじっくりと自分の体型を知り尽くしてみることが、スーツ選びの第一歩と言えるでしょう。

 

 

メンズスーツ通販サイト人気ランキング >>>