トップページ > プロが教える3つのルール > スーツの生地・着こなしのルールを知る

スーツの生地・着こなしのルールを知る

スーツの着こなしには、本来様々なルールがあります。時代とともに少しずつ変化してきているのも事実なのですが、やはり変わらない着こなしのルールというものが根強く残っています。しかしながら、情報過多の世の中ということもあり、意外と様々な知識や情報に振り回されている人も多いのではないでしょうか。そこでここでは、初心者でもわかりやすいスーツの基本的なことを紹介していきます。

 

まず、スーツの基本となるのが生地。始めのうちは全部同じのように見えますが、これが大間違い。スーツそのものの価値は生地でほとんどが決まると言っても過言ではないくらい重要です。

 

生地やそのブランドは、現存するものだけでも、その種類は100を優に超え、その数はもはや無数ともいわれており、生地だけで一冊の分厚い本ができてしまうくらい奥の深いもの。

 

ただ、ポイントだけ絞って紹介すれば生地には

 

(1)生地の強さ

(2)生地の質感

(3)生地の光沢感

 

の3つの価値基準が存在します。

 

 

(1)生地の強さ

ここで紹介したいのは天然メリノウールを使用した「コナカ」の「シャワークリーンテクノロジー」。この素材は汗による汚れやニオイをシャワーで洗い流せる優れもの。手入れが簡単でしかもノーアイロンでしっかりと型が崩れないので、長持ちが期待できそうですよね。値段も15,000円~30,000円とお手頃。

 

 

(2)生地の質感

AOKI」で展開している「カーディニア・ウール」は特に必見です。カシミアより細く、ハリコシのある羊毛は、ウルトラファインウールと呼ばれ、その多くは極上テーラードスーツに採用されています。ふっくらとしたソフトな質感と独特のヌメリ感は世界中のスーツ愛好家に指示されています。お値段は79,000円~128,000円と少し高めですが、一着持っていると重宝する生地のスーツとなるでしょう。

 

 

(3)生地の光沢感

P.S.FA(パーフェクトスーツファクトリー)」の「Platinum」ラインが光沢感のあるスーツを展開している点は見逃せません。中でもイタリアビエラ地区でも有数の高級生地メーカー「グアベロ社」の生地は必見。しなやかな上品さを醸し出します。

また毛芯には、イタリアの名門「ベテロ社」の1枚毛芯を用いることにより着用時における、胸からのウエストラインが立体的で美しい仕上がりは、着用者を一層モダンで上品な存在へと引き立たせてくれることでしょう。

 

また、「SUIT SELECT(スーツセレクト)」のシルバーライン「super comfort」の各インポート素材も独特のヌメリ感や光沢に特徴があり人気が高いです。29,400円~

 

 

この3つの要素をスーツの目的やシーズンなどに合わせて選ぶことが重要となります。

 

ただ高いスーツを着れば誰もがしっかりと決まる、というほどスーツは簡単なものではありません。スーツには何百年と続く歴史があり、クラシックと呼ばれるスタイルから現代風にアレンジされたトレンド、またTPO「Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)」といったルールが存在します。

 

スーツを上手に着こなす人は安いスーツでもカッコよく着こなしています。それは着こなす人が自分に似合うスーツが何なのかを知り尽くしているからできる業なのです。

 

このサイトで紹介するコンテンツで紹介するスーツの基本を見過ごしたままでは、どんな高級ブランドのスーツを着たとしても魅力的に魅せることはできません。

 

逆に、基本的な着こなしやルールさえしっかりと守っていれば、通販サイトでスーツを購入した方がメリットがあると言えます。まずは自分に似合うスーツは何なのか把握し、通販サイトで探してみましょう。

 

 

メンズスーツ通販サイト人気ランキング >>>