トップページ > シーン別スーツの選び方 > 礼服についての基本知識

礼服についての基本知識

社会人としてビジネススーツや披露宴などで着用するドレススーツはもちろんのことですが、葬祭をメインに使用する礼服を必ず持っている必要があります。この礼服について意外と知っているようで知らない知識も多くあります。ここでは礼服についての基本的な知識を説明していきます。

 

まず、礼服には、モーニング、燕尾服、タキシードなど色々と種類があり、それらは場面によって、また昼か夜かなどによって身につけ方が変わって来ます。また、急な冠婚葬祭に迷わず、焦らず対処するためにも、マナーを心得ておくべきでしょう。

 

礼服を身につける場面は、基本的にはあらたまった席でしょう。例えば冠婚葬祭ではフォーマルな格好、つまり「礼服」が着用されます。葬儀などでは「喪服」、また制服も礼服として着用可能です。その礼服は、「正礼服・準礼服・略礼服」と3つに大別でき、それぞれTPOに応じて着用します。

 

礼服はありとあらゆる部分で必要になりますので、男性は特に専用のものを最低1着は用意したいものです。また、それほど頻繁に着るものではないので、長く使っていけるような、しっかりとした礼服を購入するべきだと思います。

 

できることなら、シチュエーションに合わせて、「正礼服・準礼服・略礼服」と分けて用意しておくのがベストでしょう。さらに、その礼服やシチュエーションに合ったフォーマル・アクセサリーが決まっているので、こちらも合わせて用意しておくと良いでしょう。