トップページ > メンズスーツの最新トレンド > 今季のトレンドはちょい「クラシック」?

今季のトレンドはちょい「クラシック」?

昨今の各コレクションを見ていても、また街中のスーツスタイルを見ていても思うことが、いかに「クラシック」なスーツにおけるルールを守りつつ、洒落て着こなすか、ということです。

 

ただ、トレンドだということで細めのスーツやスキニースーツを着ている中年の人を見ていると、ちょっと似合っていない人が多いのも事実。それこそ「クラシック」のルールが理解されていないからだと私は思います。では、そもそもスーツにおけるクラシックとは何なのでしょうか。

 

実際、クラシックの定義とは難しく、イギリスのサビル・ロウやクラシコイタリアに代表されるイタリアのスーツでも、どのようなモデルをクラシックと呼べばいいか迷うところです。

 

クラシコイタリアンのメッカとも呼ばれる南イタリアのサルトリア(仕立て屋)では型紙は紙には書かずに、頭の中に書くと言われるぐらいですから、決まった形は無いとも言いきれます。

 

 

ただ、シンプルにカテゴライズするのであればクラシックなスーツスタイルは、3つに分類されます。

 

 

ブリティッシュ・スタイルとコンチネンタル・スタイル(イタリアンやフレンチ・スタイル)、そしてアメリカン・スタイルです。

 

しかしながら、クラシックなスタイルは一種の厳密に守られたルールみたいなものなので、それぞれのカテゴリーによって若干決まった着こなしがあります。

 

 

そういった着こなし方を学びつつ、自分流にアレンジしながらスーツスタイルを楽しむのも良いかもしれませんね。